交通事故と後遺障害

交通事故に遭遇した場合、衝撃や怪我により、肉体や精神に思わぬ異常が生じる場合があります。時にはその異常が一生つきまとうケースもあるのです。

後遺症これらの症状は後遺症と呼ばれたり、後遺障害と呼ばれたりします。この後遺症後遺障害とは全く違った意味を持ちます。後遺症とは、交通事故遭遇後、病院で治療を受けたが完全には治癒されることなく残った肉体的もしくは精神的ダメージのことを言います。後遺障害とは、交通事故で生じた肉体的及び精神的ダメージが完治することなく残り、その結果仕事をする能力が失われた状態のことを言います。つまり、交通事故によって発生した怪我の後遺症を持つ人が、仕事をする能力が失われたと等級認定の申請を行い、その申請が認められれば後遺障害という判断になるのです。

後遺障害はその障害の度合いによって等級が分かれます。この等級によって後遺障害を持つ人に支払われる保険金額が定められているのです。交通事故を起こした加害者は、被害者に損害賠償という形で責任を負う必要がありますが、たとえ医師が後遺症であるとの診断を行っても、仕事をする能力が失われたことを認められず、後遺障害の申請が通らなければ後遺症に対する損害賠償を受けることができないのです。後遺症か後遺障害であるかは、損害賠償請求において重要なポイントとなるのです

このサイトでは、後遺障害にはどういった種類があるかについて説明させていただきます。


▼関連記事▼

  1. 後遺障害の種類
  2. 脳脊髄液減少症